カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
ブランド・メーカーから探す
コンテンツ

mii

 
私たちの店であり、住まいでもあるこの建物は、江戸の最後、明治元年に建てられた建物です。
時代によって細かい用途は変わっても、150年たった今も変わらず、この場所で活躍しています。


お店作りや家具や暮らしの道具の販売からはじまり、
ここ数年は、全国各地のその場所でしか、その人たちでしか作れない丁寧な作りの織りものを使った洋服を販売させて頂くようになりました。

私たちの販売のコンセプトは、その人にとって良いことを提案する。
着心地がいいと自然とほっこりでき、自分に似合う服を着ることで姿勢もよく、笑顔もよくなる。
そして一度買って頂いたものは、ずっと着続けて頂きたい。

そんな思いでこの業界に関わる中で、ある産地の方から耳にしたのが、
現在のアパレル業界では、1年間に作られた洋服の50%以上が未開封で廃棄される、 数でいうと約15億点にも及ぶという話。
もう、愕然としました。



大事な資源を使って物を作り、使わずにそれをまた資源を使って廃棄する…。
考えられない現実。

私たちの暮らしの中では、10年20年と着ている服や靴、 我が家にきて50年60年と経つ台所道具や籠がたくさんあります。
よく冗談で、うちで一番新しいのがこの子です(笑)と息子を紹介しているくらい。

とにかく、一度買ったものをずっと使い続ける。
もったいないから。

かたや同じ時代、同じ地球で、たくさんのものが廃棄される。

私たちが何かをしても、ささやかすぎるほんの少しの事ですが、 現実を知って、そのまま何もしないわけにはいかないし。

「私たちに何かできることはないか…」 考えて結果いくつかの行動をすることにしました。




1つ目、2020年からお付き合いのあるメーカーさんの中で、織段階で糸がとんだりした規格外商品に刺繍などもうひと手間をかけて、アップデイトした商品開発。
2つ目、規格外商品をそのままのカタチでご理解頂き販売する。

そして今回の3つ目、流行に左右されない、毎日着続けて自分と一緒に年を重ねていける日本のスタンダードを目指した洋服の開発。
『mii』 は、そんな私たちの提案するスタンダード第一弾です。



使う人にとってはもちろん、作る人にとっても、同じものを安定して無理なく、正当な価格で作り続けるという持続的な生産ができます。
それによって、スピードと流行に左右されるファストファッションから脱却し、日本ならではの技術を活かした技や文化が継承できると考えています。

商品の素材やラッピングには、リサイクルウールや産業廃棄された製品の端材を使用し、こちらも極極できる範囲ですが、少しでも廃棄されるものを減らすことに繋がればと考えています。



大切に作られたものを大切に使う。

作る人と使う人を結びつけるのが私たちの仕事です。
使う人の求めるものを作る人に伝え、 作る人の技術やそのモノの背景をこれからもしっかりと伝えていきたいと思います。


4商品